【看護師の転職体験談】転職の相談をした人・男性(15人)

【看護師の転職体験談】転職の相談をした人・男性(15人)

【相談した人】
転職で地元を離れたかった。
周りの友達に相談しても周りの人は地元が好きで、都会へ離れるメリットがないとの答えが多かった。
家族も地元を離れることの嫌悪が強かった。
自分の人生は自分で決めて失敗しても自分の責任と考えた。
【男性・看護師】
24歳のときに、総合病院/脳神経外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科、歯科の混合病棟から、病院/回復期、内科病棟に転職。

【相談した人】
自分の親と彼女に仕事が辛くて転職を考えていることを相談しました。
自分の親は辛いのだったら辞めてもいいと思う、やりたいようにやっていいんじゃないと転職に賛成でした。
彼女も好きなことする方がいいと転職には賛成でした。
【男性・看護師】
25歳のときに、総合病院/脳神経外科から、病院/精神科に転職。

【相談した人】
友人、妻に相談しました。
今後のキャリアプラン、給与水準、ライフイベントとの兼ね合い、自分が今後やりたいこと、今の仕事の不満な点・いいと思う点、
不満があるならなには不満なのか、条件はどうかといった自分の気持と条件を具体的にしていく作業を手伝ってもらいました。
【男性・看護師】
26歳のときに、総合病院/CCUから、訪問看護/循環器・訪問看護に転職。

【相談した人】
親や看護学校の同級生、SNSで知り合った同じ看護学生の方に相談しました。
どこの病院が良いのかなど情報がなかったため、インターネットや口コミ、求人情報などを自分で調べたり、調べてもらったりしていました。
【男性・看護師】
26歳のときに、総合病院/外科、整形外科の混合病棟から、総合病院/整形外科に転職。

【相談した人】
私はとりあえず退職し、アルバイトを経て現在の病院に転職しました。
結婚後の急な退職となったこともあり、妻や義両親からはあまり理解されなかったことが悲しかったです。
何よりやめた原因を病院や他スタッフのせいにしていた私に、妻はとても怒っていました。
【男性・看護師】
27歳のときに、総合病院/循環器内科から、総合病院/手術室に転職。

【相談した人】
地元の友達。
今の職場を続けるか、辞めて地元に帰るか、帰ったあとに給料が下がるけどどうするべきなのかを相談。
反応は、給料ではなく、働くには息抜きできる環境が大切なので、辞めて帰ってきたほうがよいでした。
【男性・看護師】
28歳のときに、総合病院/手術室から、病院/精神科に転職。

【相談した人】
新人の頃から気にかけてくれていた方(元看護部長(私が辞める前に退職した))に状況を話していた。
改善方法や対策などを教えて頂いていたが、退職となってしまい相談できる相手がいなかった。
自分の目標は理解をしてくれていたので、色々と支援してくれたが、それが出来なくなり転職は反対されなかった。
【男性・看護師】
28歳のときに、急性期病院/外科から、総合病院/ERに転職。

【相談した人】
病棟主任に退職願を提出して、「家族の為にも給料の高い所に転職したい」と、退職したい旨を相談した。
主任は、「お礼奉公があるからなあ」と退職は難しいかもしれないと言われたが、退職願ではなく退職届を提出したらすんなり退職できた。
【男性・准看護師】
29歳のときに、病院/精神科から、療養型病院/療養型病床群、内科、神経内科に転職。

【相談した人】
転職サイトや友人に相談しました。
人間関係に悩んでいると。
特に辞めることに対し否定する人はいなかったです。
看護師の資格があれば転職に困らないので。
むしろ賛成する人や背中を押してくれる人が多かったです。
そのため転職をしようと思うことが出来ました。
【男性・看護師】
30歳のときに、総合病院/整形外科から、病院/精神科に転職。

【相談した人】
仲の良かった先輩看護師にのみ相談した。
退職については引き止められず自分も退職したいと話していた。
一緒に病院経営の問題点など不満を語り合った。
女性看護師には相談しなかった。
口が軽くすぐに広まると思った。
【男性・看護師】
31歳のときに、総合病院/整形外科 泌尿器科 呼吸器内科外科から、看護師が対応するコロナ専用のコールセンターに転職。

【相談した人】
家族に相談した。
前職場がある程度しれたブランドだったため、もったいないと言われた。
彼女に相談した。
彼女の職場を考慮して、働く場所のだいたいのエリアを決める必要があった。
彼女は自分のために転職することを喜んでいた。
【男性・看護師】
31歳のときに、急性期病院/整形外科 脳神経外科から、病院/整形外科に転職。

【相談した人】
付き合っている彼女や同僚、家族に相談した。
彼女は一緒に住むために有効な転職だったために応援してくれた。
同僚は慕っていてくれたため、マンパワーが不足することもあり反対してくれた。
家族も今まで築いてきた基本給や人間関係を考えれば少し反対したが自分の選択を応援してくれた。
相談内容は客観的にどう思うか第三者の素直な感想を教えてもらうようにして参考にした。
【男性・看護師】
31歳のときに、総合病院/整形外科と脳外科から、病院/整形外科に転職。

【相談した人】
同期に辞めることを相談していました。
「やめた方がいい」というのが同期の意見です。
実際にその動機も同時期に退職しており、辞めた後も「やめて正解だった」と話しています。
当時の副師長にも無理やり話をされました。
役職上、私を止めるように動いていた為か、ベタに「新しい所に行っても上手くいかない」というよくある話されました。
【男性・看護師】
32歳のときに、急性期病院/神経内科から、急性期病院/小さな病院なので全科に転職。

【相談した人】
親に相談。
今後の人選設計、自分の力を試したい。
努力した分だけの対価が得られるような環境で頑張りたい。
家族との時間を大切にしたい。
辞めてもいいが、金が貯まってから辞めてくれと頼まれた。
特に看護師を辞めることには反対しなかった。
【男性・看護師】
33歳のときに、総合病院/手術室から、農業に転職。

【相談した人】
急性期病院の同僚が転職した病院に再就職しようと考えていたので、その同僚に相談した。
まずは人間関係。
きつい人がいないか、お局がいるかなど。
次に業務内容。
初めての転職なので病院によってどのような業務の違いがあるのか気になった。
【男性・看護師】
35歳のときに、総合病院/内科から、療養型病院/内科に転職。