【看護師の転職体験談】退職する時の心境・26歳〜28歳女性(23人)

【看護師の転職体験談】退職する時の心境・26歳〜28歳女性(23人)

【退職する時の心境】
退職する時はとても嬉しかった。
やっと解放されたと思えた。
しばらくは今までのストレスなどで、その病院の近くを通る事ができなかった。
辞める時は精神疾患の悪化が原因で、休職をしていたので辞める日は誰にも会わずに辞めることができた。
仲のいい同期とは退職後も定期的に会っている。
定期的に今の病棟の事を教えてくれる。
【女性・看護師】
26歳のときに、老人向け施設/全部の科が入っていましたから、老人向け施設/ショートステイに転職。

【退職する時の心境】
少し寂しい気持ちもありました。
辞めないでほしい、まだ一緒に働きたいと言ってくれている人がいたからです。
しかし、退職するとなると意見が合わない人と働かなくていい、もう会わなくていいと思うと気持ちが軽くなりました。
外来時に病棟に来てくれて「顔を見にきたよ」と言ってくれる患者さんのことを思うと悲しい気持ちになりました。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/消化器外科から、急性期病院/脳外科に転職。

【退職する時の心境】
清々しかったが、新宿や池袋にすぐにいける職場から離れるという面では残念だった。
仲の良かった職員さんとは今も関係が続いているので、それは嬉しい。
利用者さんからは残念だと言ってもらえる事が出来た。
それだけがとても心残りだった。
けれど、私は老人と話す事が好きで、助ける事が看護師として生きがいなんだと感じた。
その半年後くらいに、その施設は潰れてしまった。
【女性・看護師】
26歳のときに、大学病院/デイサービスから、老人向け施設/デイサービス(2社目)に転職。

【退職する時の心境】
辞めることを上司に伝えたあとも、有休がほとんどもらえず、最後まで嫌な思いをしたので、辞める時はもうここに来なくていいんだとホッとした気持ちでした。
ただ、同期はまだ働いていたし、大学の同級生もまだ働いている人が多かったので、私だけ逃げると思われていないか、根気のない人間だと思われていないかなどネガティブに考えることが多かったです。
同期からも辞めてもまた遊ぼうねと言われましたが、正直会いたくないという気持ちの方が大きかったです。
【女性・看護師】
26歳のときに、大学病院/脳神経外科から、総合病院/脳神経外科、神経内科、呼吸器内科、血液内科等に転職。

【退職する時の心境】
やっと辞められるという解放感と寂しい気持ちが半々くらいでした。
結婚という前向きな理由での退職だったため、先輩後輩や同期たちは寂しがりながらも温かく送り出してくれました。
新人のころからよくお小言を言われていた少し年齢が離れた先輩も、辞める直前はにこやかでした。
最後にスタッフ全員の寄せ書きをもらいましたが、仲の良かった患者さんも書いてくれていて嬉しかったです。
【女性・看護師】
26歳のときに、大学病院/内科から、訪問看護/訪問看護に転職。

【退職する時の心境】
ずっと辞めようかなどうしようかなと考えてはいたものの、なかなか決心がつかなかったので、退職できたときはすごくスッキリとした気持ちでした。
仲がよかった同僚は悲しんでくれたけど、辞めてもいつでも会えるしその繋がりはなくならないから、特に悲しさはなかった。
とにかく明日から行かなくていいんだということが嬉しすぎた。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/呼吸器外科内科から、診療所/内科に転職。

【退職する時の心境】
やっとやめれるという解放感でうれしかったけど次の就職先が決まってないからこれからの人生不安だなと思っていた。
同僚に特に引き止められず自分の存在価値の無さにかなしくなった。
同期はさみしがってくれた。
親は辞めてゆっくりした方が良いと言ってくれた。
しばらく疲れが取れるまでは働きたくないと思ったがお金の面が不安だった。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/内科から、老人向け施設/ショートステイに転職。

【退職する時の心境】
スッキリした気持ちと名残惜しい気持ちの半々だった。
辞めないでほしいとたくさん言われたことが嬉しかったのと、ここまで大切にしてもらって裏切るような気持ちにもなった。
化学療法など繰り返し入院している新人から関わりの深い患者さんが悲しんでいて別れがとても辛かったし、とてもその後が気になる。
今後も尊敬している先輩とは繋がっていたいと思った。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/内科混合から、総合病院/消化器内科、内分泌内科に転職。

【退職する時の心境】
退職を申し出たとき、理由が旦那の転勤のためという仕方がないもので申し出たため、看護リーダーも思ったより引き留めたりはしなかった。
事務の人や他の看護師も仕方ないという感じで送り出してくれたので、心境としては「ホッとした」が一番当てはまるかと。
そのあと、皮膚科のクリニックよりも時給のいい場所に転職もできて、本当にやめてよかったと実感し始めた。
【女性・看護師】
26歳のときに、診療所/皮膚科から、総合病院/医療型療養病棟に転職。

【退職する時の心境】
働いているときは、このままでいいのかなと心のなかでモヤモヤしながら働いていたので、退職すると決めたら心がスッキリして、身体が軽くなった感じがありました。
同僚は残念と悲しんでくれましたが、でもここの職場よりもいいところはたくさんあるだろうから、若いうちにいろんな経験していいと思うと快く送り出してくれました。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/呼吸器科から、診療所/内科に転職。

【退職する時の心境】
すっきり、やり切ったの一言。
やめるときに、あなたまで?というようなスタッフさんが大泣きしてくれて、自分はここで頑張って良かった。
と誇りに思えました。
患者さんからは、かなり寂しがられて連絡先を聞かれたこともあります。
同期とはとても仲が良かったので、別れこそ寂しかったですが、今もたまに連絡を取り合っています。
【女性・看護師】
27歳のときに、総合病院/脳神経外科から、田舎の病院の混合病棟に転職。

【退職する時の心境】
やっと辞められるという開放感がありスッキリした。
学べることは今のうちに学ぼう、後輩には教えようという気持ちになり頑張れた。
結婚したら辞める人が多く止められるのは最初だけですぐ諦めてくれた。
仲のいい同期は寂しそうで転職を考えるキッカケになったと言われた。
嫌いな人は上辺ではお互い普通に対応していたため特別変わった反応なかった。
【女性・看護師】
27歳のときに、病院/循環器ICUから、病院/脳神経外科HCUに転職。

【退職する時の心境】
とてもスッキリしたし嬉しかった。
なによりもう2度と嫌いな人たちの顔を見ずに済むのが爽快。
仲が良かった人たちには辞めることで勤務の皺寄せがあるため申し訳ない気持ちがあったが、人員不足で苦しむ嫌いな人たちや管理者を想像すると爽快感があった。
患者さんは辞めることになったと話すと寂しい、戻ってきてよと言ってくれた。
【女性・看護師】
27歳のときに、総合病院/HCUから、総合病院/腎臓内科・循環器内科に転職。

【退職する時の心境】
後輩と先輩は本当にいい人達だったのでそこのスタッフと離れるのは悲しく思ったが上司と今後顔を合わせなくていいと思うと安心した。
先輩後輩友達とは退職してからも連絡は取り合えるので今までより会えないさみしさはあった。
退職当日はお世話になった人に会いに行き挨拶をしみな涙して送り出してくれ本当にいい人たちと出会えてよかったなと思った。
【女性・看護師】
27歳のときに、急性期病院/泌尿器科腎臓内科から、療養型病院/外科整形に転職。

【退職する時の心境】
上司からは年度途中の退職でよく思われず、嫌味を言われた。
また、辞める際に有休消化もできずに不満に思った。
退職の際嫌なこともたくさんあったがスッキリして新しい職場で頑張ろうと言う気持ちになった。
仲のいい同僚や先輩は寂しいと言ってくれて送別会を開いてくれたり次の転職先での活躍を願ってくれた。
患者さんは意識がない方が多く話さなかった。
【女性・看護師】
27歳のときに、大学病院/集中治療室から、総合病院/脳外科、循環器内科、眼科に転職。

【退職する時の心境】
激務から解放される喜びは本当に大きかったし、新しい場所へ行くワクワク感もあった。
辞めると決めてから実際に退職するまでが早かったため、お世話になった先輩方に報告した際、とても驚かれたし申し訳なさを感じた。
患者さんからは、応援の言葉をたくさんいただいて、本当にありがたかった。
気の合わない先輩は、私が辞めることを知ってそれまで以上にあたりがきつくなった。
「自分も辞めたい。」と愚痴るぐらいならお前も辞めればいいのにと思った。
とても腹が立ったが、もう辞めるからどうでもいい、と私も退職まで無視して過ごした。
辞めてその先輩と関わらなくて良くなり、本当にうれしかった。
【女性・看護師】
27歳のときに、総合病院/呼吸器内科から、老人向け施設に転職。

【退職する時の心境】
いざ退職する前になると、少し寂しい気がしました。
もう少し頑張って働き続けられたのではないかという思いになりました。
周りのスタッフは、退職のことを寂しく思っていただけましたが、これで心も体も自由になれると、少しすっきりしたのを覚えています。
辞めてからもしばらくは、職場が恋しかったり、患者さんのことが気になったりしていました。
【女性・看護師】
28歳のときに、大学病院/脳神経外科から、総合病院/整形外科に転職。

【退職する時の心境】
かなりスッキリしました
患者さんのことを思うと寂しい面はありましたが、救命センターはどんどん患者が変わるので患者さんの反応はほぼありませんでした
友人は寂しいと泣いてくれましたが、それほど遠くではなかったのでみんな笑顔で送ってくれました
嫌いな人は、私が嫌いな事には気が付いていないのでみんなと同じように見送ってくれました
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/救命センターから、大学病院/ハートセンターに転職。

【退職する時の心境】
気持ちは正直辛かったです。
ちゃんと退職した訳ではなくある日突然退職したわけですから。
同僚や患者の反応は不明です。
何もわかりません。
覚えていることは勉強会の資料や書類などすべてその日に破って捨て、パソコンに保全していたデータも消去して、病院関係者の携帯のアドレス帳も削除、ラインはブロックしました。
こんな心境になったのは後にも先にもあの時だけです。
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/脳外科から、回復期病棟に転職。

【退職する時の心境】
私の退職が全スタッフに知れ渡り、指導もストップしてからの居づらさはしんどかったが、退職最終日は今まで使用してきたロッカーの写真を撮る余裕があるくらいすっきりとした気持ちで離れられた。
送別会も特に嫌味なども言われず、嫌いなスタッフはそもそも寄ってこないためお世話になったスタッフに感謝を伝えて別れられた。
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/手術室から、総合病院/消化器外科に転職。

【退職する時の心境】
仲が良かった人は退職を惜しんでくれた。
特に新人の頃からお世話になっていたベテランの方からは食事に連れて行ってもらい激励を受けたのがとてもありがたかった。
早く辞めたいという気持ちもあったが委員会業務や新人教育など、中途半端にやり残したまま去ることになってしまったのが今思えば惜しかった。
嫌いな人からは無反応だった。
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/脳外科、整形外科、皮膚科から、地域包括支援センターに転職。

【退職する時の心境】
退職時はスッキリしました。
意外と師長さんが名残惜しくしてくれたり、チームでパーティーをしてくれたのが嬉しかった。
患者からも手紙と本を貰えた。
さらに写真も頼まれた。
医師もパーティーに来てくれたり、また戻ってきてと言ってくれたのが嬉しかった。
苦手な人は関わらないようにしていたのでわかりません。
仲の良い友人は後に続くと言っていました。
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/脳神経外科 神経内科から、総合病院/内科、脳神経外科に転職。

【退職する時の心境】
退職後に海外旅行の予定があったので、ウキウキでした。
年度末退職なので、他にも辞める看護師が5人ほどいて、辞めにくさはなかった。
送別会もしてもらっていたが、最後の出勤日には休みだったスタッフも駆けつけてくれ花束をもらったり、みんなで写真を撮れて、温かく送り出していただいた。
サプライズで寄せ書きももらい、最終的には泣いてしまった。
【女性・養護教諭】
28歳のときに、総合病院/外科から、養護教諭に転職。