【看護師の転職体験談】転職先の職場の悪いところ・26歳〜28歳女性(23人)

【看護師の転職体験談】転職先の職場の悪いところ・26歳〜28歳女性(23人)

【転職後の職場のイマイチなところ】
後悔している所は、今の働き方のままでは厚生年金などの社会保険が心配になる。
正社員よりも福利厚生が少ないので、いざというときに困ってしまいそう。
時給制は働けるからもらいるのであって、働けない日は給料がでない事が心配。
【女性・看護師】
26歳のときに、老人向け施設/全部の科が入っていましたから、老人向け施設/ショートステイに転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
人間関係はよいのですが、残業が多いです。
遅いと日勤で20時くらいまで残業しています。
ママさんナースが多く、夜勤をする人がいないため、夜勤明け、夜勤明けと連続で夜勤をする日があることは面接の際に聞いていなかったためそこは後悔しています。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/消化器外科から、急性期病院/脳外科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
転職後、結婚したため同じ会社で異動した。
が、異動先が良くない環境だった。
お局看護師はいるし、グループ派閥はあるし、利用者層はわがままだし、すぐにでも辞めたい環境だった。
もし、最初の面接でここに来ていたら絶対入職していない。
【女性・看護師】
26歳のときに、大学病院/デイサービスから、老人向け施設/デイサービス(2社目)に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
とにかく患者層が悪いことです。
生活保護の人の寮があるくらい、生活保護の人が多い地域のため、入院患者さんも生活保護ばかりです。
前の病院は生活保護の人がいなかったので、びっくりしました。
生活保護の人は身寄りがない人も多く、家族がいても関係が悪かったりと、退院、転院となる時に家族の協力が得られないことが困ります。
「生活保護だから馬鹿にしてるんだろ」と言ってくるような人もいたり、退院時にお金を払わずに帰ろうとしたりする人もいるみたいです。
病院で定められている業務や記録が多く、看護というより業務がメインになっている印象があります。
また、何年も前にCREが病棟内で発生した影響で、機械浴が使えないため、寝たきり患者さんは入院してから一回も入浴させていません。
代替案いくらでもあるのにと思いますが、もともといる看護師の影響力も大きく、中途採用の意見はあまり採用されない印象です。
【女性・看護師】
26歳のときに、大学病院/脳神経外科から、総合病院/脳神経外科、神経内科、呼吸器内科、血液内科等に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
カレンダー通りの休みと聞いて入職しましたが、実際は祝日は8割がた出勤でした。
GWや年末年始といった長期休暇は毎日2〜3人くらい交代で出勤して訪問に回る必要がありました。
小さいお子さんがいるママさんスタッフは休日出勤が免除になることが多く、独身や子どものいないスタッフに負担が集中しました。
また、オンコールはほとんど鳴らないと聞いていたのに実際はかなりの頻度で鳴っており、夜間や土日に緊急訪問することが度々ありました。
【女性・看護師】
26歳のときに、大学病院/内科から、訪問看護/訪問看護に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
働き方が楽になった分、給料が下がったので、今までみたいに欲しいものをどんどん買ったり旅行にたくさん行ったりはできなくなった。
でも、生活はできる程度のお金はもらっているので、今ある収入でやりくりできた。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/呼吸器外科内科から、診療所/内科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
介護士と看護師の意見の違いでぶつかることが多かった。
医療設備が整ってないので、万全な医療を提供できなかった。
株式会社なのでコロナの影響で減給された。
そもそも基本給が低かった。
医師が常駐してないため、責任が大きかった。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/内科から、老人向け施設/ショートステイに転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
とにかく忙しく入院件数が多い。
そのため勤務時間も長くなりがちで残業が多いことや、検査数が多い為、常に走り回っている。
体力的にはきついが給料がいい為頑張れる。
病院自体が新しく、組織としてトップの引率力があるかと言われると微妙である。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/内科混合から、総合病院/消化器内科、内分泌内科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
基本的にはそこまで後悔していることはないが、長く勤めている看護師や古株の先生がたのいる病棟だったので、電子カルテを使いこなせておらず、紙カルテも併用して使われていることに対して、仕事量が多くなると感じている。
また、古株の看護師が多く、改善してほしいと思った部分があっても、融通が利かないことも多々ある。
【女性・看護師】
26歳のときに、診療所/皮膚科から、総合病院/医療型療養病棟に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
看護師の人数がギリギリなので、体調を崩して休んだりするとすごく迷惑になってしまうので、できるだけ休むことがないように体調を整えるのに必死でした。
業務内容など特別不満はなかったのですが、プレッシャーがありました。
【女性・看護師】
26歳のときに、総合病院/呼吸器科から、診療所/内科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
小さな町の小さな病院だったので、人間関係の構築に失敗すると、なかなか厳しい結果になり得る環境ではありました。
医師はこれといって特徴もなく普通。
僻地医療で、研修医を受け入れているところだったので、ベテラン看護師の方が知識豊富なんてこともあり、苦笑することも。
【女性・看護師】
27歳のときに、総合病院/脳神経外科から、田舎の病院の混合病棟に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
安静が必要なのに脳に障害があるため理解できず安静を守れない患者多く暴言吐かれたり殴られるのは日常茶飯事だった。
術後の安静が守れずルート類を抜かれてしまい医者や家族に謝罪することが多々あった。
拘束しなければならない場面がおおかった。
給料が低すぎてモチベーションがあがらない。
【女性・看護師】
27歳のときに、病院/循環器ICUから、病院/脳神経外科HCUに転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
仕方ないことだが建物が古すぎて雨漏りや害虫被害が多々あった。
その度に掃除が大変。
病棟の主任さんのキャラクターが濃すぎて周りも扱いに困っていた。
昼頃に業務が集中しがちで休憩が取れない日もあった。
勤怠管理が1つの端末でしかできないため混雑しがちだった。
患者さんが馴れ馴れしく、セクハラまがいのことを言われたりするのがストレスだった。
【女性・看護師】
27歳のときに、総合病院/HCUから、総合病院/腎臓内科・循環器内科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
医者が本当に気分によって態度を変える人が多いのと、こちらが伝えてる意味を理解してくれない、医者の思いだけで動こうとする、患者はこう思っているんですがと伝えてもわかって貰えない医者がいる。
常に人手不足でパート、時短勤務が帰れない。
【女性・看護師】
27歳のときに、急性期病院/泌尿器科腎臓内科から、療養型病院/外科整形に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
規則があまりなく自身の経験や知識が問われるため人によってやり方が異なる。
教育体制がしっかりしていないためマニュアル等も少なくすぐに受け持ちをさせられる、また、わからないことを職場内のスタッフに確認してもそれぞれやり方が異なるため働きにくい。
休憩時間にも記録や業務をやっているスタッフが多く、残業は事前申請制でリーダーへ報告しなければならず取りにくい。
医師はほとんど患者の元へ来ない。
【女性・看護師】
27歳のときに、大学病院/集中治療室から、総合病院/脳外科、循環器内科、眼科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
介護職員も多かったため、介護職と看護職のいがみ合いのようなことが少しあった。
看護師を目の敵にするような介護職員がおり、「看護師は高飛車でトイレ介助すらしない。」と愚痴られることが多かった。
私はトイレや入浴介助も行っていたので何も言われなかったが、ほかの看護職員と介護職員の板挟みのようになることが少しあった。
【女性・看護師】
27歳のときに、総合病院/呼吸器内科から、老人向け施設に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
専門学校卒業後、就職し、定年まで働く方が多いので、ローカルルールやアップデートされない看護技術が多かったです。
小さい病院なので、看護師でなくてもできる仕事でも、看護師が時間を割いてしなければいけない仕事もあり、複雑な心境でした。
【女性・看護師】
28歳のときに、大学病院/脳神経外科から、総合病院/整形外科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
人間関係はかなりよかったのですが、救命センターより過酷で、お休みも少なく重労働でした
急変する方も多くいたので、病棟はいつもごちゃごちゃしてとにかく忙しかったです
患者さんも循環器の方はかなり神経質
医師も細かく神経質
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/救命センターから、大学病院/ハートセンターに転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
同じ職場に長く勤務している看護師よりも、他で経験を積んできた看護師を優遇することは理解できません。
昨日今日入職したばかりの看護師の意見は聴くのに、ずっとそこで働いている看護師の意見は無視するのは納得できません。
結局上に立つ役職の看護師の好き嫌いで物事が決定するのが、看護師の職場の実態なんだと思いました。
人間関係はそこまで悩みませんが、直属の上司には常に悩まされます。
こればかりは就職するまで解らないので仕方ありません。
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/脳外科から、回復期病棟に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
1-3次救急まで全部取るため急患が多く、毎日緊急入院や緊急手術があった。
生活保護受給者(だけに限ったことではないが)が多く、横柄な態度をとる患者も多かった。
認知症患者も徐々に増えてきた印象。
みよりのない、もしくは独居の超高齢者も多い。
毎日残業を1-2時間していた。
医師はよく言えばきさく、悪くいえば適当なため尻ぬぐいが多い。
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/手術室から、総合病院/消化器外科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
とにかく人間関係が悪く、上司と部下の風通しが悪かった。
陰口や悪口に耐えられなかった。
事業運営のパートナーとして組まされた介護職の人の癖が強く、常に機嫌をとらなければならない状況も嫌だった。
前職を早く辞めたいがために立地と休日に休みがとりやすい事だけしか考えていなかったことを後悔した。
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/脳外科、整形外科、皮膚科から、地域包括支援センターに転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
准看護師から正看護師になった人が多かった。
患者に怒鳴った人がいた。
溶け込むには時間がかかったが、同時入職の人とあらぬ噂を流された。
勤務中に病棟の電話を私用で使ったり喫煙しに離席していた。
医師も医師会派遣だった。
【女性・看護師】
28歳のときに、総合病院/脳神経外科 神経内科から、総合病院/内科、脳神経外科に転職。

【転職後の職場のイマイチなところ】
保護者対応は、保護者の仕事が終わってからの19時からとかになり、サービス残業が多すぎる。
休みの日も出勤するというのが普通という風潮がある。
ウサギや植木の水やり登板で土日も学校に行かないといけない。
もちろん、無給。
【女性・養護教諭】
28歳のときに、総合病院/外科から、養護教諭に転職。